スマートなレジ

ランニングコストを抑えて飲食POSレジを導入できる

円マーク

かつての飲食POSレジといえば、端末は専用設計で高額なものであり、毎月高額なシステム利用料や保守料といったランニングコストのかかるものが一般的でした。結果、初期投資や毎月の維持コストが高く、導入に踏み切れないといった飲食店も少なくはなかったでしょう。そして、昨今では労働力不足により飲食POSレジを導入するメリットが増えているものの、ランニングコストが気になっているという方、最新の飲食POSレジは以前のものとは異なり、ランニングコストを抑えることが可能になっています。
飲食POSレジは、市販のパソコン、タブレットやスマートフォン、キャッシュドロアやプリンタと専用アプリを組み合わせてシステムを構築することができます。ハードウェアの導入コストも数百万円だったものが十数万円から導入できます。毎月のシステム利用料も月額料金が無料で利用できるものもあり、基本機能だけならランニングコストが大幅に抑えられます。小規模な飲食店や居酒屋で売上集計と精算だけを行うというのであれば、スタッフを一人増やすよりもコストパフォーマンスが高くなります。また、市販品を使用するため、以前のように高額な保守料を毎月支払い続けることもなく、固定費を削減することもできます。ランニングコストで断念した飲食POSレジの導入を最新のもので再検討してみてはいかがでしょうか。

Topics

飲食POSレジで提供遅れをリアルタイムで監視できる

飲食店において重要なのは、味や価格そして雰囲気だけではなく、オーダーミスがないこと、提供遅れや忘れがないということも重要です。オーダーを受けたものの、提供時間が遅れるだけで顧客満足度が低下するだ…

レジのテンキー

ランニングコストを抑えて飲食POSレジを導入できる

かつての飲食POSレジといえば、端末は専用設計で高額なものであり、毎月高額なシステム利用料や保守料といったランニングコストのかかるものが一般的でした。結果、初期投資や毎月の維持コストが高く、導入…

円マーク
TOP