スマートなレジ

飲食POSレジで提供遅れをリアルタイムで監視できる

レジのテンキー

飲食店において重要なのは、味や価格そして雰囲気だけではなく、オーダーミスがないこと、提供遅れや忘れがないということも重要です。オーダーを受けたものの、提供時間が遅れるだけで顧客満足度が低下するだけでなく、クレームに発展することも少なくはありません。そんな提供遅れや忘れを未然防止するなら飲食POSレジを導入するのがおすすめです。
飲食POSレジはエントリーオーダー方式となっており、オーダー情報と提供情報がリアルタイムで集計管理されます。そのため、オーダーを受けてから経過している時間を表示するだけでなく、オーダー順番ごとに提供が遅れていることを一目で分かるように表示します。飲食POSレジを利用することで、同じメニューの注文を受けているものの、後からオーダーを受けたものが先に提供されてしまうことも防止できます。また、提供忘れもお客さんから指摘される前に対応することができ、クレームに発展することを抑制できます。そのほかにも、セルフオーダー式の飲食POSレジではオーダー情報から提供までの予想時間を表示することもできます。時間のかかるメニュー以外を選んでもらえるチャンスも生じ、待たせるだけでなく別オーダーの獲得により売り上げを伸ばすことも可能です。リアルタイムな提供情報を管理できる飲食POSレジで顧客満足度を向上しましょう。

Topics

飲食POSレジで提供遅れをリアルタイムで監視できる

飲食店において重要なのは、味や価格そして雰囲気だけではなく、オーダーミスがないこと、提供遅れや忘れがないということも重要です。オーダーを受けたものの、提供時間が遅れるだけで顧客満足度が低下するだ…

レジのテンキー

ランニングコストを抑えて飲食POSレジを導入できる

かつての飲食POSレジといえば、端末は専用設計で高額なものであり、毎月高額なシステム利用料や保守料といったランニングコストのかかるものが一般的でした。結果、初期投資や毎月の維持コストが高く、導入…

円マーク
TOP