スマートなレジ

飲食POSレジの原価計算機能で利益率を改善しよう

タブレット端末

飲食店オーナーの方で、適切な原価計算を行い、提供価格を設定できているか不安を感じていませんか?メニュー出数が多く、売上も悪くないのにも関わらず、利益が確保できていないと悩んでいるものの、原因が特定できていないなら飲食POSレジを導入しましょう。飲食POSレジはオーダー業務の機能だけでなく、様々な機能を付加しているものやプランがあります。特に原価計算を行うことで利益改善につながることもあります。
メニュー数が多くても、利益率の良いものでなければ、売上高に対する利益は少なくなります。飲食POSレジを使用することで利益率の悪いものが人気になっていないかを分析できるだけでなく、原価に対する適切な価格設定を検討することができます。さらに仕入れや固定費などを各々のメニューに転嫁することもでき、店舗運営に必要な利益を確保できるかも検討できます。原価計算は利益率だけでなく、仕入れている材料のコストやロスも考慮することができ、価格が高騰している材料から供給量が多く安価な材料に切り替えを検討することもできます。飲食POSレジなら原価計算に必要な専門知識がなくても利用することができ、個人経営で経理スタッフを雇えない場合でも経営分析を独自に行うことができます。また、原価計算と傾向分析により人気の高い新メニューを検討できる判断材料も得られます。

Topics

飲食POSレジで提供遅れをリアルタイムで監視できる

飲食店において重要なのは、味や価格そして雰囲気だけではなく、オーダーミスがないこと、提供遅れや忘れがないということも重要です。オーダーを受けたものの、提供時間が遅れるだけで顧客満足度が低下するだ…

レジのテンキー

ランニングコストを抑えて飲食POSレジを導入できる

かつての飲食POSレジといえば、端末は専用設計で高額なものであり、毎月高額なシステム利用料や保守料といったランニングコストのかかるものが一般的でした。結果、初期投資や毎月の維持コストが高く、導入…

円マーク
TOP