スマートなレジ

ホールスタッフの不足は飲食POSレジで解決しよう

コンパクトなレジ

飲食店でオーダー業務や配膳業務を行うホールスタッフが不足しているという問題を抱えていませんか?パートやアルバイトの募集を行い、時給アップを行っても希望者が現れず業務負荷が増大するということは、昨今の人手不足では大いにあり得ます。そんな問題を飲食POSレジを導入して改善しましょう。
飲食POSレジの強みは、エントリーオーダー方式という点にあり、ホールスタッフの不足をシステムで補うことができます。特にセルフオーダーの飲食POSレジならお客さんが注文用タブレットでオーダーを行うため、ホールスタッフが少ないという問題が関係なくなります。オーダー情報はリアルタイムで厨房に伝達され、ホールと厨房間の動線距離も関係なくなります。さらにリアルタイム反映により厨房でも効率的な調理が行えます。既存のホールスタッフはオーダー業務から解放され、配膳や後片付けといった業務に専念することができます。また、飲食POSレジはタブレットの追加なども費用をかければ簡単に行うことができ、スタッフのように集まらず負荷が増えるということもありません。自動釣銭機と連携させることもでき、オーダーから精算までスタッフ不要で対応できるなど、人員不足を根本から改善することが可能です。パートやアルバイトの集まりが悪いなら飲食POSレジを導入しましょう。

飲食POSレジを導入して売り上げアップを図りましょう

飲食店の設備として今や欠かせないものとなっているものが、飲食POSレジです。飲食POSレジは会計を行う従来のレジの機能に加え、商品がいつどれだけ販売されたかどうかを集計する機能などが備わっています。例えば曜日や時間帯ごとの売り上げや客数データも得られるため、商品の発注や従業員の配置数を考えるための材料とすることもできます。

飲食POSレジを導入するメリットは計り知れないものがあり、データの記録や集計だけでなくデータの分析と管理まで集中的に担ってくれるのです。また複数のレジをネットワークで結ぶことによって、店舗ごとの売れ筋商品や客層などを比較することもできます。店舗を複数運営している場合は、飲食POSレジの導入によってデータ集計の効率化を図ることが可能になります。

現在では飲食POSレジの需要がとても高くなっているため、様々なタイプのものが用意されています。省スペース型といったコンパクトタイプのものもあるため、小規模の店舗でも導入しやすくなっています。データを基にした店舗運営を行うことによって、顧客満足度の向上につなげることも可能です。売り上げを更にアップさせていくために、飲食POSレジの導入を考えてみましょう。

飲食POSレジで素早く正確な注文伝達により提供時間を短縮

飲食店に求められるのは、美味しさや安さだけでなく、素早く正確なオーダー業務により短時間でメニューを提供するということがあります。顧客満足度にも直結し、売上にも大きく影響します。そして、飲食POSレジを導入することで、素早く、正確にオーダーを受けてキッチンへ伝達し、メニュー提供をスピード対応できるようになります。
飲食POSレジは、エントリーオーダー方式となり、注文情報を専用端末に入力しリアルタイムでその情報がキッチンへ伝達されます。これまでスタッフがホールとキッチンを行き来していたという距離と時間の無駄が解消され、メニュー提供までの時間が短縮されます。また、お客さんの前で受けたオーダーがキッチンへ届くため、オーダーミスもその場で解決でき、作り直しなどのロスもなくなります。さらに飲食POSレジはテーブルごとに情報が伝達されるだけでなく、直近のオーダー情報も並んで表示されます。そのため、同じメニューのオーダーがあった際には同時調理により時間短縮を行うことができ、メニュー提供時間を大幅に短縮することもできます。そのほかにも、精算情報へオーダー情報が連携するため、精算ミスによりお客さんがレジで待つというような問題も解消することができます。飲食店での時間短縮を実現するなら飲食POSレジを導入しましょう。

Topics

飲食POSレジで提供遅れをリアルタイムで監視できる

飲食店において重要なのは、味や価格そして雰囲気だけではなく、オーダーミスがないこと、提供遅れや忘れがないということも重要です。オーダーを受けたものの、提供時間が遅れるだけで顧客満足度が低下するだ…

レジのテンキー

ランニングコストを抑えて飲食POSレジを導入できる

かつての飲食POSレジといえば、端末は専用設計で高額なものであり、毎月高額なシステム利用料や保守料といったランニングコストのかかるものが一般的でした。結果、初期投資や毎月の維持コストが高く、導入…

円マーク
TOP